ニコラス・屁イジのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 早春の西上州、荒船山

<<   作成日時 : 2017/03/30 20:09  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

【日程】2017年3月25日(土)-26日(日)
【天候】3/25晴れ、3/26雨(上州三峰山予定を中止)
【行程】3/25 新潟6:00=(関越道、上信越道、下仁田IC、R254)=10:30内山峠P20台(1070m)〜10:45発―13:15▲経塚山1423m〜13:50発―16:05内山峠〜16:15発=18:15道の駅よしおか温泉(泊)
 3/26 道の駅〜8:00頃発=(R17、沼田、降雪の三国峠、浦佐)=15:00頃新潟

画像


西上州は、群馬県南西部に広がる山域です。東京から近い割りに、標高が低く目立たぬ山が殆どなので、ハイカーは少なく静かな山歩きを楽しめる山域ともいえます。下仁田ICを降りてR254を西進すると、ミニ岩峰が多いようです。岩峰を背景に、斜面に張り付くような山村風景が特徴的です。荒船山は200名山に数えられ、西上州では有名な山です。荒海を行く航空母艦のような特異な山容をしています。R254を西進、内山トンネルを抜けて左折、信州側から残雪のある山道を通って内山峠に向かいます。

画像


画像


巻き道を信州側をたどっていくと、地図上で稜線が南から東へ向きを変えるあたりで岩壁に突き当たりました。岩壁の下部には窪みがあって、修験道の行場の跡だということです。何だか崩れてきそうな感じもします。気温が低いので、ここへ流れる小さな滝は氷瀑と化していました。

画像


修験道の行場の跡を右から回り込むと、ミズナラ林の中の巻き道が続きます。右手には木々の枝越しに荒船山の最高点である経塚山が見え隠れしてきました。次に壁に突き当たったところが一杯水。一杯水からは梯子やロープが現れる急登になりますが、道はじきに緩やかになり、再びミズナラ林を進んでいくと、山上台地に上がったようです。避難小屋を右に見て、灌木の間を抜けると艫岩展望台の上に出ました。

画像


画像


この展望だけで登ってきた甲斐はあるようですが、新潟を早い時間?出てきているので最高点を目指すことにしました。山頂一帯は広く、殆ど平らな道が真っ直ぐに伸びています。周りはミズナラ、イヌブナの林で、不思議なことに小川も流れています。分岐標識を過ぎると道は急な登りになりますが、10分程で行塚山の山頂に到着しました。山頂は樹林に囲まれた狭い広場、片隅に小さな祠がありました。

画像


画像


画像


画像


画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
早春の西上州、荒船山 ニコラス・屁イジのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる