ニコラス・屁イジのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ミッション3特別編、フロア350から山谷堀俯瞰

<<   作成日時 : 2015/03/05 20:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

気持ち玉を2つ戴いたせいか、3日連続のブログ投稿に相成った。スカイツリー4Fの入り口フロアからエレベータに乗って、展望デッキに降り立った。フロア350には天望回廊行きのチケットカウンターやカフェ。最初の眺望、宵闇が迫っていたが、写真左の足元に広がる言問橋と、右の桜橋に興味があった。その中間に、山谷堀(さんやぼり)、かつてあった江戸の水路だ。江戸初期に荒川の氾濫を防ぐため、三ノ輪から隅田川への出入口である今戸まで造られた。現在は埋め立てられ、日本堤から隅田川入口までの約700mが台東区立の「山谷堀公園」として整備。さながら、地図のように残照の中に浮かびあがっていた。

画像


江戸時代には、新吉原遊郭への水上路として、隅田川から遊郭入口の大門近くまで猪牙舟が遊客を乗せて行き来し、吉原通いを「山谷通い」とも言った。船での吉原行きは陸路よりも優雅で粋とされた。界隈には船宿や料理屋などが建ち並び、「堀」と言えば、山谷堀を指すくらいに有名な場所だったが、明治時代に遊興の場が吉原から新橋などの花街に移るにつれて次第に寂れ、昭和には肥料船の溜まり場と化し、永井荷風の記述によると、昭和初期にはすでに吉原は衰退しており、山谷堀も埋め立てが始まっていた。戦後の売春防止法による吉原閉鎖後、1975年までにすべて埋め立てられた。写真は10年前に吉原大門から、桜橋まで歩いたときに撮影したもの。

画像


画像


画像


画像


画像


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミッション3特別編、フロア350から山谷堀俯瞰 ニコラス・屁イジのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる