アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ナス科」のブログ記事

みんなの「ナス科」ブログ

タイトル 日 時
収穫の喜び
収穫の喜び 7月は夏草がピークを迎える時期。出張で2日ほど裏の畑を空けると、畑が草だらけ。この頃の畑の雑草を見ると、穂が出て実を結んでいるのが分かる。翌月まで除草をしないと穂が落ちて、大変なことになる。夏草の繁る速さは私の想像を超える。また、雑草は虫たちの格好の棲家になるようだ。7月中旬、夏野菜の収穫が最盛期を迎えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/16 21:22
ミニキャロルの初期成育
ミニキャロルの初期成育 ミニトマト「ミニキャロル」は、サカタのたねが販売している。サイトの情報によれば、つくりやすく、たくさんとれる人気のミニトマト。果実は1花房当り30〜50果ほどつき、粒の大きさや甘さがしっかりとそろう。ToMV(Tm-2ヘテロ)、萎凋病、斑点病に対して抵抗性があり、サツマイモネコブセンチュウにも強い。病気に強いので低農薬栽培ができるとあった。4/30に購入、定植した苗が順調に育っている。 http://www.sakataseed.co.jp/product/search/code0092010... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/29 21:04
ホーム桃太郎開花
ホーム桃太郎開花 トマトSolanum lycopersicum (シノニム:Lycopersicon esculentum Mill.)の故郷は南米のアンデス高原地帯、雨が少なく、昼はカンカン照りだが、夜は冷え込む冷涼な気候。トマトは日本の高温、多湿が大の苦手、草マルチで畝を覆いながらトマト栽培に挑戦した。私の部屋の窓の前に定植した大玉のホーム桃太郎に花房がついた。通常の品種(支柱に誘引するタイプ)では発芽後、本葉8葉から9葉目に最初の花房(第一花房)が付き、その後は3葉おきに花房を付ける性質をもつ。花は黄色で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/13 21:16
ナスの定植
ナスの定植 ミズナスSolanum melongenaの苗を購入。タキイの栽培マニュアルには販売されている苗は、9cmポットの若苗が多いので、12-15cmポットに鉢上げして一番花が開花する直前まで育苗したほうがよいとあった。気温も高くなっており、面倒なのでそのまま定植してみた。活着の良否がその後の生育に大きな影響を及ぼすので、定植のポイントというのがあるのを後で気づいた。予めポットに十分潅水しておく、植え穴にも予めたっぷりと潅水しておくということらしい。このことは他の夏物野菜も一緒らしいが、省略してしまっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/03 10:36

トップへ | みんなの「ナス科」ブログ

ニコラス・屁イジのブログ ナス科のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる