ニコラス・屁イジのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 里山の根開き

<<   作成日時 : 2016/03/01 20:48   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

3月になったというのに、今朝の通勤路は冷え込み若干の積雪のせいで渋滞、仕方なく途中から高速にのった。帰路は日も長くなったせいか、その雪も嘘のように消えていた。春の訪れを知らせるような1日であった。2/28に里山へ登ったら、雪の降り積もった広い山頂の木々の周りだけ雪が融けていた。根開きと呼ばれ、これも春の訪れを知らせる現象だ。

いったい、なぜ木の周りだけ雪が融けるのだろうか。木が暖かいせいもあるのだろうが、木の精が発生するオーラだけではないようだ。それは、雪と木の反射率の違いだろう。雪は白いので太陽光を反射して、温まりにくいのでそんなに融けない。しかし、木は黒に近いので、光を吸収しやすく温まる。その熱が木の周りを溶かすと考えられている。

また、この時期、木が活発に地下水を多く吸い上げるようになる。成長するブナは1日に2Lの水分を吸い上げるという。きっと、地上部の枝の越冬芽が芽吹き始めるのを助け始める。この水の移動自体が、体内温度の上昇に多少貢献しているのかもしれない。いっぽう私は、毎夕1L近くのホッピーとか水割りを吸収するが、なぜか成長は止まっている。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
里山の根開き ニコラス・屁イジのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる