ニコラス・屁イジのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS キュウリの初期生育

<<   作成日時 : 2014/05/17 12:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ミズナス、ホーム桃太郎(トマト)はナス科 Solanaceae の多年草だが、こちらはウリ科 Cucurbitaceae の一年生つる草だ。インド北西のヒマラヤ山麓原産で、インドでは3000年以前から栽培されていた記録があるようだ。中国へは漢の時代、紀元前122年に張騫によって西域から導入されたと伝えられ、このことから胡(西域民族)の瓜という意味で胡瓜の名がついたという。日本への渡来は古く、平安中期の『倭名類聚鈔』に記載されているらしい。この連休に接木キュウリを2本購入、定植したが成長が鈍い。台木はカボチャのようで、葉は浅く切れ込んだ掌状、私にはカボチャとの区別がつかない。カボチャまで結実したらどうしよう?!

画像
接木キュウリ(14/5/2撮影)

画像

画像
葉は浅く切れ込んだ掌状(14/5/11撮影)

画像
茎長30cmに達した(14/5/17撮影)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キュウリの初期生育 ニコラス・屁イジのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる